自律神経失調症と乱れの原因

自律神経失調症と乱れの原因

自律神経系は非常に複雑で繊細な神経系であり、些細な原因でバランスを崩したり失調したりしてしまいます。自律神経失調症は患者数も非常に多いため、その原因の追求が求められていますが、しかし残念ながら万人に共通する原因というのは見いだせていないのが現状です。

 

ただし、基本的にはホルモンバランスを崩してしまうと有意に自律神経失調症の発症率が上がることは確かだとされています。

 

自律神経失調症の原因となるホルモンバランスの崩れの多くは、乱れた生活習慣によって引き起こされます。自律神経失調症の大きな症状の一つに交感神経・副交感神経のバランスの悪化による睡眠障害・覚醒障害などがありますが、逆に一定の睡眠リズムを欠くことでホルモンバランスが崩れて自律神経失調症が引き起こされるという側面も大いにあります。

 

よって、基本的には規則正しい生活が毎日送れているかどうかが自律神経失調症の発症リスクに大きく関わっているのは確かそうです。

 

また、規則正しい生活と同じくらい自律神経失調症に重要な要素が、ストレスです。現代社会において自律神経失調症患者が多い原因がストレス社会だという点も大きく、強いストレスに晒されることによってホルモンバランスは悪化し、適応障害が発生して自律神経失調症となるケースも数多くあります。

 

これに関してはどうしても自分の意志でストレスから免れるということができない局面も多いため、上手なストレス解消法などを作っておくことが重要と言えます。