自律神経の乱れとホルモンバランスの関係

自律神経の乱れとホルモンバランスの関係

自律神経失調症と特に関連が深いものとして体のホルモンバランスが挙げられます。

 

ホルモンバランスの崩れが自律神経失調症の発症の引き金になることは非常に多いと考えられており、特にホルモンバランスが大きく変動しやすい女性に自律神経失調症の発症率が高くなっています。

 

女性は平常時であっても毎月の生理のためにホルモンバランスが徐々に変動していくため、その過程で自律神経に変調をきたすことが男性に比べて極めて高く、そのままもとに戻らないと自律神経失調症になってしまうのです。

 

また、女性が自律神経失調症にもっともかかりやすい時期が更年期で、更年期障害でも知られるようにこの時期は体内の環境が大きく変わり、ホルモンバランスが大きく変動する時期です。

 

これにともなって自律神経失調症を引き起こす人が多く、ホルモンバランスが自律神経失調症に大きな影響を与えていることの証明にもなっています。

 

このように、女性は一生涯を通じてホルモンバランスの変動とともに生きていると言っても過言ではなく、さらに近年では女性の社会進出が推し進められており、社会に出てストレスにさらされることも多くなりました。

 

このストレスによってもホルモンバランスは大きく左右されることになり、結果として昔よりもさらにホルモンバランスの変動が発生するようになっており、自律神経失調症はただでさえ患者数が増えていますがその中でも女性の患者は急増の一途をたどっているのです。